美しく見られたい女性|目の下にできてしまったクマやたるみは治療

これでわかる美容外科

何故できてしまうのか

血流が悪い

寝不足や過労が続くと、クマはどんどん濃くなってしまいます。もともとはあまり濃ゆくないので、睡眠をとると消えることがあります。
あざのような色をしていることもあり、「目の下をぶつけた、とかしていないけどな」と考える人がいるかもしれませんが、実は、クマというのはあることが原因でできてしまいます。

たるみ

体全体に栄養を行き渡らすための方法として、血液があります。
血液の流れがいいことで、体全体に栄養を行き渡らせることができるようになるのですが、血液の流れが悪い状態だと、全身に血液が回っていないということです。
そのため、少し黒ずんだ色となってしまうのですが、目の下の部分は皮膚が薄いということもあり、その黒ずんだ色がクマとなって現れてしまいます。

刺激

肌にあるコラーゲンが減ってしまうと、肌の弾力が失われてしまいます。弾力がなくなってしまうと、肌がどんどんたるんでいってしまうのですが、目の下の皮膚もたるんでいってしまいます。
そうすると、そのたるみの影響でクマが出てきてしまいます。

アイメイクをするときに強い力でしたり、目を強く擦ってしまったりする人がいるでしょう。
しかし、そのように強く擦ってしまっては、肌へダメージを与えることになってしまうので、目の下にクマができやすくなってしまいます。

意外にも身近な部分で、クマというのはできてしまいます。
目で相手へ与える印象を変えることができるので、クマが気になる人は、美容外科へ行ってクマを改善するための治療を受けるといいでしょう。