美しく見られたい女性|目の下にできてしまったクマやたるみは治療

これでわかる美容外科

家でしておきたいこと

ストレスを溜めない

美容外科へ行ってクマを改善したことで、以前よりも印象を明るくすることができます。
できればもうクマはできてほしくないものですが、クマはいつの間にかできてしまうので、「対処法はないのだろうか」と疑問に感じてしまう人がいるでしょう。
実は、目の下にできてしまったクマは、家でもあることに気をつけることで、予防することができます。

マッサージをする

様々な原因で溜まってしまうことが多いストレス。実は、ストレスが溜まりすぎてしまうと血液の流れが悪くなってしまいます。
血液の流れが悪くなると目の下にクマができてしまうので、自分の好きなことをしてストレスを発散させましょう。
また、体を動かすことでもストレスを発散させることができるので、暇な時間ができたら近くの公園や駅といった場所まで、軽く散歩してみるのもいいでしょう。

表情筋を鍛える

目の周りを優しくマッサージすることで、目の下に流れている血液の流れをよくすることができます。
ポイントは力を入れすぎず優しい力で行う、というところと、力がそこまではいらない薬指でマッサージをする、ということです。
3回ほど行うことで効果が現れてくるので、マッサージをこまめに行うようにしましょう。

たるみというのは、「表情筋」という部分が弱くなってしまうことでもでてきてしまいます。
そのため、目の下にクマができないようにするためにも、口を大きく動かすなどして、表情筋を鍛えるようにしましょう。